VICTREX™ PEEKポリマー

ビクトレックス・イノベーションの基盤

VICTREX PEEK について

VICTREX PEEKは世界で最も高性能なエンジニアリングプラスチックの1つとして知られており、あらゆる過酷な使用環境下で性能を発揮するオールラウンドプレイヤーの樹脂として35年以上の実績を持っています。その超高性能な特性と確かな実績に裏付けられた様々なメリットを体験しませんか?

耐加水分解性

低吸湿性と水蒸気のバリア特性

蒸気、水、および海水に対する安定性

優れた耐摩耗性

低い摩擦係数

高い耐摩耗性と耐カットスルー性

機械的強度と寸法安定性

厳しい環境で高い強度と剛性を発揮

優れた長期耐クリープ特性と耐疲労特性

優れた電気特性

絶縁性、導電性、および帯電防止特性

広い周波数および温度範囲における安定性

耐薬品性

多様な酸・塩基に対する耐性

有機溶媒に対する優れた安定性

高耐熱性

260°C での連続使用が可能

ガラス転移温度は最高170°C

製品群

製品

VICTREX PEEK resin

 

VICTREX PEEKポリマーのペレットやパウダーのグレードは、あらゆる厳しい使用環境下における用途で優れた信頼性を発揮してきました。VICTREX HT™ポリマーとVICTREX ST™ポリマーは、耐熱性をさらに強化したグレードです。

利点:

  • 軽量化ソリューションによって燃費と環境への影響を低減
  • 広い温度範囲であらゆる物性を発揮することによって部品の長寿命化を実現
  • 優れた摺動特性によって部品の耐久性を向上
  • 強い化学薬品に対する耐性によってダウンタイムと部品故障を低減
  • 長期にわたって機械的特性と寸法安定性を維持
  • 火炎、煙、および毒性物質の排出量が少なく、厳しい安全基準や規制もクリア
カタログ

‘保存’をクリックするとデータがMy Victrexに保存されます

VICTREX PEEK compound

 

ビクトレックス社は、PEEK固有の特性を炭素繊維、ガラス繊維、および独自の充填材(フィラー)でさらに強化したコンパウンド製品も提供しています。例えば、VICTREX™ WG™ポリマーは無潤滑、高圧・高速摺動下で安定した低い摩擦係数が得られ、優れた耐摩耗性を発揮します。

PEEK樹脂コンパウンドの利点:

  • 高い比強度による性能向上
  • 耐疲労強度と耐クリープ性の改善による信頼性向上
  • 優れた耐摩耗性によって厳しい摩耗環境への耐性強化
  • あらゆる環境で安定した電気特性を発揮
  • 耐薬品性と耐久性の向上
カタログ

‘保存’をクリックするとデータがMy Victrexに保存されます

成形

加工方法

VICTREX PEEKポリマーは従来の熱可塑性樹脂用成形機で加工できます。ナチュラルのペレット、パウダー、超微粉末およびコンパウンドグレードのペレットを供給しています。ペレットは、一般に射出成形、押出成形、モノフィラメント、およびワイヤー・コーティングに推奨されます。パウダーはコンパウンド押出に、微粉末は一般にコーティング・プロセス、複合材プリプレグ製造、および圧縮成形に使用されます。
VICTREX PEEK はナチュラルおよびコンパウンドグレードともに標準的なレシプロスクリュー式射出成形機によって成形できます。複雑形状の複合部品なども、アニール処理や切削加工をせずに大量生産できます。ビクトレックス社の技術チームは、バレル容量、スクリュー設計に関するアドバイスや金型設計から成形条件について幅広くサポートいたします。
カタログ

‘保存’をクリックするとデータがMy Victrexに保存されます

VICTREX PEEKは、ワイヤー・コーティング、異形押出、フィルム、パイプ、シート、モノフィラメントの生産などの押出プロセスや押出装置に使用できます。ナチュラルおよびコンパウンドグレードは、既存技術で押し出し加工が可能です。当社の経験豊富な技術チームが、機械の設計、押出成形機の大きさや加工条件、およびダイ設計をアドバイスいたします。
カタログ

‘保存’をクリックするとデータがMy Victrexに保存されます

圧縮成形では、VICTREX PEEKをガラス繊維や炭素繊維と混合することができます。 圧縮成形された部品は一般に結晶度がより高くなり、弾性と引張強度が高く硬くなる一方で延性が低くなります。当社では圧縮成形の際、分厚い部品についてはアニール処理して応力を緩和することを推奨しています。
カタログ

‘保存’をクリックするとデータがMy Victrexに保存されます

他の製品

その他の製品を見る

産業分野

常に一歩先へ

あらゆる産業分野における VICTREX INNOVATION をご覧ください: