ビクトレックス

Purpose:わたしたちの存在意義

ビクトレックス

Purpose:わたしたちの存在意義

世界が抱える課題を、解決する力になる


発明から約40年、わたしたちはPEEKソリューションの大いなる可能性を信じて進化を続けてきました。PEEKソリューションは今、世界のメガトレンドに起因する課題解決へ、その貢献を少しずつ拡大しています。

世界のメガトレンド

課題と可能性

航空宇宙

トレンド

・燃費向上による排出削減、運航コスト削減

・機体製造のバックログ(受注残)の解消



重要要素

・機体の軽量化

・機体製造の高効率化、迅速化



ビクトレックスのソリューション

・VICTREX PEEKおよびPAEKによる金属代替で、部品を約70%軽量化が可能、機体の軽量化に貢献

・VICTREX PEEKおよびPAEKコンポジットは熱硬化性樹脂コンポジットとの比較で、数時間単位から数分単位へと大幅に製造時間を短縮可能




自動車

トレンド

・排出規制による燃費のさらなる向上、内燃機関(Internal Combustion Engines, ICE) からEV (Electric Vehicles) へのシフト
・安全規制による安全装備の拡充、信頼性の向上


重要要素

厳しいコスト競争の中で、信頼性を維持・向上させながら、さらなるエネルギー効率の向上を実現する


ビクトレックスのソリューション

摩擦損失の低減による燃費向上

VICTREX PEEKは金属よりも軽量で摩擦係数が低いことから、高速回転する金属製の摺動部品間で起きるエネルギーの摩擦損失を低減させることができます。 エンジン、ブレーキ、トランスミッション周辺の摺動部品で実績も多く、自動車の電動化においてもパワートレイン部品への材料として注目されている。


エネルギー

メガトレンド

化石燃料を中心とした資源不足、埋蔵量の減少


重要要素

埋蔵量の減少に伴い高温・高圧やケミカル・アタックに晒される深海など、極限環境への資源探索および掘削作業の遂行



ビクトレックス・ソリューション

パイプのコネクタやシール部品を中心に、極限環境における油田探索・掘削作業において高い安全性と信頼性のある操作や作業を支えています。



エレクトロニクス

メガトレンド

より大容量のデータを、より高速に、どこからでもアクセスできる通信技術のニーズの拡大と進化
 




重要要素

より小型、軽量なボディに多機能を盛り込んだデバイスには、高度なエネルギー効率と熱マネジメントが全体性能の向上および最適化に不可欠


ビクトレックス・ソリューション

極薄で高耐久性を実現するPEEKフィルム・テクノロジー

PEEK製のAPTIV™フィルムは数ミクロンの極薄でありながら高耐久性、優れた電気特性や音響特性などを発揮し、モバイル機器の内部デバイス中で重要な役割を果たしています。


製造装置

メガトレンド
IoT (モノのインターネット)は産業界では製造装置同士がデータ通信することによって自動化がさらに進化

重要要素
自動化を進化させるためには、過酷な製造環境で装置が故障なく連続運転することが前提となる
ビクトレックス・ソリューション
金属代替を中心に、信頼性とエネルギー効率を向上した製造装置内の摺動部品などを提供。各国の食品医薬品局の認可を取得した、食品製造向けグレードの提供も拡大中。

医療

メガトレンド
人口構造の変化、人口の総高齢化

重要要素

高齢化層を中心に、健康寿命延長のニーズが急増している。脊椎、膝関節や歯などの消耗部位や外傷治療向けの手術では、患者負担を減らす手術方法やリハビリ期間の短縮などが求められている。

 

ビクトレックス・ソリューション
ビクトレックスの医療インプラント向けポリマーは人骨にとても近い物性を有していることから、主にチタンなどの金属インプラントと比べて術後の早期回復に効果を発揮しています。現在は脊椎用インプラントで症例数を伸ばしており、膝関節、歯科インプラントおよび外傷向け医療機器も開発が進んでいます。