ビクトレックス

PEEKソリューションのパイオニア


ビクトレックス

PEEKソリューションのパイオニア


ビクトレックスは世界で唯一のPEEK専業メーカーであり、約40年前にPEEKが発明されて以来高機能ポリマーの発展を牽引し、2001年には世界で初めて医療インプラント用のPEEKの開発も成功させました。近年はPEEKソリューションの開発をポリマーから特殊部品へとその範囲を拡げ、世界のメガトレンドに取り組む顧客とともに市場創造を進めています。


従来材の限界の突破を目指して

ビクトレックスはPEEKおよびPAEKポリマーの特性が最も強さを発揮する6つの産業:航空宇宙、自動車、エレクトロニクス、エネルギー、製造装置を中心とした一般産業、インプラント医療にフォーカスをあて、市場のニーズを捉えたソリューション開発に力を入れています。


PEEKは高温、攻撃性の高い薬品、摩擦摩耗など複数の厳しい条件が重なる動作環境や製造工程における用途開発を数多く成功させてきました。代表的な採用例である金属代替では、大幅な軽量化、部品統合による性能向上や複雑形状部品の量産のコスト削減などの実現に貢献してきました。PEEKは材料性能をフルに引き出せると、難易度の高い部品設計や製造工程に日々向き合っているエンジニアの発想をカタチにする大きな設計自由度をもたらしてくれる材料となります。


バリューチェーン全体を通した成功

真新しい用途開発を成功させるには、バリューチェーン全体で製品づくりに取り組む必要があります。PEEKやPAEKが採用される用途は基本設計から見直すことから始める場合が多いため、ビクトレックスは材料と成形加工、ティア、完成品メーカーと密に連携しながらの用途開発を得意としています。新規用途の性能標準化を業界団体と策定することもあり、アディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンティング)向けのPAEKポリマー開発を中心に産学連携にも取り組んでいます。最新設備を備えたテクニカルセンターを通して世界中のお客様へ技術サポートを提供しており、製品のコンセプトづくり、設計、試作とその評価から量産までのあらゆるステップにおいてお客様の製品開発のスピードアップを支えています。


ビクトレックスは創業以来常に供給体制への先行投資をしてきました。PEEKおよびPAEKポリマーにおいて世界で唯一原材料から垂直統合された製造体制をとっており、その製造能力も世界最大級を誇ります。さらに近年においてはポリマー開発に加えてPEEKのフィルム、パイプ、ファイバー、コンポジットUDテープなどの加工品ポートフォリオの拡大から、PEEK製の航空機向けブラケットや医療インプラントなどの特殊部品開発へと総合的なPEEKソリューションの提供に注力しています。

常にイノベーションと共に

気候変更、人口構造の変化、テクノロジーの進歩などは世界の未来を形成していくメガトレンドです。ビクトレックスは既存の枠にとらわれない発想とマテリアル・サイエンスを通して世界的な課題の解決に取り組んでいます。


世界を進化させるためには、今までのアタリマエを塗り替えていく必要があります。ビクトレックスはイノベーションの推進を事業の核としており、業界の枠を超えたあらゆるパートナーと組んで新規バリューチェーンを構築し、市場創造を進めています。


ビクトレックス

PEEKソリューションのパイオニア


ビクトレックス

PEEKソリューションのパイオニア


ビクトレックスは世界で唯一のPEEK専業メーカーであり、約40年前にPEEKが発明されて以来高機能ポリマーの発展を牽引し、2001年には世界で初めて医療インプラント用のPEEKの開発も成功させました。近年はPEEKソリューションの開発をポリマーから特殊部品へとその範囲を拡げ、世界のメガトレンドに取り組む顧客とともに市場創造を進めています。


従来材の限界の突破を目指して

ビクトレックスはPEEKおよびPAEKポリマーの特性が最も強さを発揮する6つの産業:航空宇宙、自動車、エレクトロニクス、エネルギー、製造装置を中心とした一般産業、インプラント医療にフォーカスをあて、市場のニーズを捉えたソリューション開発に力を入れています。


PEEKは高温、攻撃性の高い薬品、摩擦摩耗など複数の厳しい条件が重なる動作環境や製造工程における用途開発を数多く成功させてきました。代表的な採用例である金属代替では、大幅な軽量化、部品統合による性能向上や複雑形状部品の量産のコスト削減などの実現に貢献してきました。PEEKは材料性能をフルに引き出せると、難易度の高い部品設計や製造工程に日々向き合っているエンジニアの発想をカタチにする大きな設計自由度をもたらしてくれる材料となります。


バリューチェーン全体を通した成功

真新しい用途開発を成功させるには、バリューチェーン全体で製品づくりに取り組む必要があります。PEEKやPAEKが採用される用途は基本設計から見直すことから始める場合が多いため、ビクトレックスは材料と成形加工、ティア、完成品メーカーと密に連携しながらの用途開発を得意としています。新規用途の性能標準化を業界団体と策定することもあり、アディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンティング)向けのPAEKポリマー開発を中心に産学連携にも取り組んでいます。最新設備を備えたテクニカルセンターを通して世界中のお客様へ技術サポートを提供しており、製品のコンセプトづくり、設計、試作とその評価から量産までのあらゆるステップにおいてお客様の製品開発のスピードアップを支えています。


ビクトレックスは創業以来常に供給体制への先行投資をしてきました。PEEKおよびPAEKポリマーにおいて世界で唯一原材料から垂直統合された製造体制をとっており、その製造能力も世界最大級を誇ります。さらに近年においてはポリマー開発に加えてPEEKのフィルム、パイプ、ファイバー、コンポジットUDテープなどの加工品ポートフォリオの拡大から、PEEK製の航空機向けブラケットや医療インプラントなどの特殊部品開発へと総合的なPEEKソリューションの提供に注力しています。

常にイノベーションと共に

気候変更、人口構造の変化、テクノロジーの進歩などは世界の未来を形成していくメガトレンドです。ビクトレックスは既存の枠にとらわれない発想とマテリアル・サイエンスを通して世界的な課題の解決に取り組んでいます。


世界を進化させるためには、今までのアタリマエを塗り替えていく必要があります。ビクトレックスはイノベーションの推進を事業の核としており、業界の枠を超えたあらゆるパートナーと組んで新規バリューチェーンを構築し、市場創造を進めています。